忍者ブログ
東京湾奥のシーバスのルアーフィッシングのレポート、戯言のブログです。since2002
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり潮が流れており潮目が良い感じに走っているので
“今夜は良い感じ”と期待しながらゆなじろうさんと並んで。

まずはゆなさんがフッコゲッツ。
ナイトホークが火を噴いたぜ!(笑

IMGP2482.JPG  IMGP2483.JPG

そして次は俺?
っと“ゴンッ”と乗らないバイト
直後、手応えが無くなってから鰓洗いの音が響いたので、
ゆなさんヒット?と思ったら、
どうやら自分のルアーにバイトした魚が“空の鰓洗い”をしていたようでした(笑

ここからジアイ突入!?って感じだったんだけど
“あれれ!?”
何の反応もなくなり…伊藤家の親分の方(じぃーじ)が登場。

この流れと潮目を見てやはり“こりゃいける”と思ったのか、いつもより饒舌だ=ウンチク語りはじめた(笑

拾い釣りってつもりで自分だけ大きく移動。
しかし、結局セイゴの即バレがあったのみ、上がるつもりで戻るとちょうど伊藤家の親分がスズキサイズを釣り上げたところでした。
この人は、口から火を吹いてたぜ!

IMGP2485.JPG

ゆなさんあと1尾追加したらしく、3人で3尾、オレカメラマン。
でも楽しかったです。

ヒットルアー
ゆなさん=グース125
じぃーじ=あきんどさんのハンドメ←これ凄い
evizo=RYOMA

業務連絡:ここから写真持ってってね。

PR

field:AF
2009/09/23 am1:30~4:00(潮位26~80)、曇り、南風2m→無風

※上げの流れは(タイドグラフの)ソコリ1時間半後から。
※唯一のバイトは上げてから30分後(潮位70前後)、岸際15m、カルトラ、ダウンクロス。
※手前では潮目が出来ず、ダラ上げ。
※ボイル等、気配はなし。
※確認ベイト:小ハゼ、ハグレイナ6cm前後、ベイト少ない
※潮位的には100位からか?

090923am_tide.jpg
 

昨夜も先日と同じシャロー帯へ。

潮時は下げなのだが南風が強く、見た目だけじゃなく流れが本来とは逆。
ここで逆に流れてるってことは、どこかで強く下げている筋があると思うのだが。

つま先立ちでディープを進むと、脇から浸水(涙
やっちまった。

買ったばかりのこのエントラントウェーダー、太さに余裕があり過ぎて、
脇の部分がたるんで下がっている分、潮位の限界が低かった。そういうことか…

投げていたコモモ・カウンターを、もう少しサイズを落とそうと右側ポケットに手を伸ばす。。。

あれ、全開してる。。。

無い、BOXが無い。。。チ~ン(笑

中・小型ミノーの1軍ルアー(お気に入り色)全滅。

TKLM、スーサン、マリブ、カルマ、メケウッド…
シングルフックにしてから、BOXには30本位入るようになったおかげか、かなりの数だね。

もう笑って済ませるしかない。
良かったのは、もう一方のBOXじゃなかったこと。

CA380145.JPG

ルアーの数は少ないけど、こっちだったら精神的打撃は大きかった。(笑

いつかやらかすだろうと思ってはいたが、

“キチンと閉めようベストのポッケ”

で、反応まったくナッシングでした。(Rubi-naのじぃーじも同様。)
甲長5cmくらいのイカが居ましたが、これもベイトになっているのか。

9/19 湾奥シャロー

連休初日、そろそろ魚の顔を拝みたく、湾奥シャローへと足を運ぶ。

家から2時間40分掛けて辿り着くと、台風の影響かかなりの風。
北の風なので、下げ潮にはちょうど流れと同調してくれて都合は良い。
時に、潮位差ほど流れが出来ないことがある場所なので、南の強風よりは全然良し。

3名で入って行くのだが、気をつけるのはやはりエイ。
キャストし始めると同行者の声「でかい!」
そばにかなりの大物が居たらしい。

しばらくその場でキャストを続けるも反応が無いので、一度上がって大きく移動。
時より目の前に現れる潮目を狙っていくのだが、
下げ潮+強風の割りには、流れはさほど効いていなくて、
それでも細い流れのラインで、少し強いところがあるかな?と言う感じ。
なんせ風が強く、ラインだけでなくティップさえも風に持ってかれる感じ。

手前の潮目で一度だけ裂波120にアタリがあったが後が続かないので、
ひとつ潮目を越して奥の流れへ進んでみる。

コモモ・カウンターがほぼダウンクロスでヒット。

IMGP2453.JPG

サイズは50センチクラスだが、まあいいでしょう。
久々のシーバス、ありがとうございます!

ソコリになって益々風が強くなったので撤収!
結局3名で2ゲット。
因みにもう1尾は、いろいろ投げ倒した後のローリングベイト1発で61センチですって。

ゲット:1/ヒット:1、サイズ50cmクラス
セブンセンスMID WATER 862-PE/ツインパワーMg C3000/シーバスPE POWER GAME 1.2号+モアザン25lbナイロンリーダー
ヒットルアー:コモモ・カウンター

夕食後もけっこうな雨が降っていたので、
今夜は駄目だろうと行かないことに決め、TVを見ながら横になってると
ウトウトと寝てしまい…

TVでやっていた“カラオケ音痴王選手権”?が
夢の中の出来事なのか現実なのか、良く判らない感覚でフッと覚醒。
それにしても、音程外しまくりの凄い歌だった。

と、3ちゃんが電話くれて、『行ってみる?』とのことで、
雨も上がるみたいなので日付が変わる直前くらいにA川に到着。

こんな雨でも、目ぼしいところは先行者ありなので、現地到着後は3ちゃんのバイクに2ケツで移動。
A川は流れが物足りないのでN川へ移動。

ベイトが多く、時より逃げ回り、時より喰われている感じ。

それにしてもベイトが多い…多すぎる。

直径1~2mの群れが、流されながらシーバスの定位している明暗に差し掛かるたびに
ザワザワ~ ザワザワ~ 
たまにバシャコン!と喰われる感じ。

シーバス自体は50センチ位?
明暗以外でもベイトが下から喰い上げられている箇所があり、そんな状態が続いていた。
良くある、“ベイトが多すぎてルアーを喰わない状態”なので、一時間ちょいやったところで荒川に移動
ちゃうちゃう、A川に移動。(今シーズンからはっきり書かないことにするんだったw)
こちらはベイト少なく、シーバスの気配もいまいち。

終了。

3ちゃんがN川で掛けたイナとサッパ。でかいね~
両方とも12センチ前後。

他に小さいサイズのイナも居たみたいですが。

追記
どれがどのように喰われているのかまでは判りません。
たぶん、派手にザワザワと逃げて喰われてるのは、小さいサイズのイナの様な気がします。
しかし、こういう状況の攻略は難しいです

IMGP2440b.jpg

IMGP2441b.jpg
前のページ      次のページ
PHOTO ALBUM
友人BLOG更新情報
別館 music annex
-FeedWind-
できることから
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]