忍者ブログ
東京湾奥のシーバスのルアーフィッシングのレポート、戯言のブログです。since2002
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正確には“泣きたかった”のが本当なんだが、

泣いたことにしても良いかなと思った。


代表内の有力選手が海外のチームに移籍する中、

ずっと国内でサッカー日本代表を内から見続けてきた選手である。

コロコロPKに代表されるように、淡々と仕事をこなす、まさに職人。


代表で、こんなに心底喜びを表す遠藤を初めて見たような気がする。

このゲームで僕の目に焼きついた最も印象的なシーンだった。


流れから言えば当然本田が蹴るものと思っていた。

 

譲れなかったFK=遠藤、結実した1点

 あの位置は譲れなかった。ゴールへ向かってやや左。遠藤は、先制の無回転FKを決めた本田から、けりたいと声をかけられても、「いや、おれがけるから」とはねつけた。普段は闘志が前面に出ない性分の男が確信に近い自信を持って、決めた。

 中略

 自身もFKの名手だからこそ、本田の胸中はよく分かる。「1本目を決めたときは気持ちが乗っている。それなのに、よくすんなり譲ってくれたな」と感謝した。剛の本田、柔の遠藤。タイプの違う2本のFKを世界に示したことで「危険なエリアでファウルを犯せない、と相手DFの頭に入れられた」。次へつながる戦いに計り知れない価値を感じていた。(ルステンブルク時事)

~時事ドットコムより抜粋
http://www.jiji.com/jc/wcup?id=wcup_s_africa&s=newslist&c=top&k=2010062500182

 

まさに歴史に残る一戦だった。

岡ちゃんよかったね。

これで結果ボロボロのW杯だったらと思うと、

岡田監督にとっては、まさに人生かけての戦いだったのだ。


まだ続くよ!

PR

上出来!

悔しがっている岡ちゃんの姿を見てか、惜しかった~!とTVでもちょっと重苦しい空気が流れていましたが、日本は善戦したと思うし、失点差は最低の1で負けたわけだから上出来だったのではないでしょうか?

やっている選手たちは手応えを感じていたように思いますので、次のデンマーク戦に向けては良い負け方だったと思います。


オシム氏は、無理な体勢からもシュートを放っていた今回の大久保を“エゴイスト”と評していますが、今までに無かった姿勢や形だったので、今回に限っては許してあげてほしい気がします。

オランダ相手に“日本侮れず”を世界に発信できたことは少し誇らしいですよ。


個別に言えば、俊輔は動き悪かったなーと。残念だけどフィットしていなかった。

本田はワントップのイメージじゃないなー。

憲剛見たいなーと。 その他いろいろあったけど。。。

もう一戦楽しめるので、あ、いや、勝つか引き分ければ決勝トーナメント進出なので、
暑い夜をもっと熱く盛り上げて欲しいです。

頑張れSAMURAI BLUE!

岡ちゃんよ、

松井を出さなきゃもう擁護はしないよ。

稲本もっと使え。

大久保活躍しなかったら、君の目は節穴ってことだ。

大久保よ、シュートはあの四角の内側だぞ、内側。


なんかいつもよりテンション低めのワールドカップだったのだが、

やっぱ叫んでたゴールの瞬間。

俺なんて叫んでたんだろう?


岡ちゃんが初めて格好良く見えた。

選手が皆男前に見えた。

長谷部くん格好良いじゃないか。


なんかちょっと楽しみになってきた。

上記の広告は3ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほー
そんなに経ってしまった。
シマッタ。

釣りにも行ってないし、
いや、たま~に行ったりしてたんだけど、釣れてないからネタにもならない。
最近はネットゲーのブラウザー三国志にハマッテしまって…面白い(笑

近々、釣り好きには堪らない、楽しいSNSサイトが始まるので、その内ご紹介しますねー。

shokatsuryo.jpg

 

確かにキム・ヨナはノーミスで素晴らしい演技をしました。

しかし、あれ程の点差が開いたことに疑問を持ちました。
これは素人の自分だけが持った疑問では無いようです。


フリープログラムでトリプルアクセルを2回完璧に決めることは、
フィギャスケート関係者ほど、その難しさを理解している大技、神業だということです。

ミシェル・クワン「トリプルアクセルの後にダブル・トゥループなんて信じられない」
解説の八木沼さん「こんな技術をもってオリンピックに来た選手を見たことがない」

銅メダルのロシェットでさえ、表彰台で浅田真央に
「あなたを誇りに思う」と語りかけたそうです。
(まあロシェットも地元採点で恩恵を受けたわけですが)


4回転を決めたプルシェンコがアメリカのライサチェックに金を奪われ、
最初は単なる負け惜しみを言っているのかと感じていましたが、
女子の結果を目にして、プルシェンコの抗議の意味も分かった気がしました。

プルシェンコ「今のルールは、勝たせたいと思う人を勝たせられるルール」

やはりどの世界もそうですが、我々の知り得ないいろいろな裏舞台があるようです。
Number Webの記事
http://number.bunshun.jp/other/figure/column/view/4655/page:1


北米で行われるオリンピック。
根強い対ロシアの感情。


皮肉にもキム・ヨナのコーチは北米のカナダ人。
浅田真央のコーチはロシア人。


トリプルアクセルを決めたSPでの点差も唖然としましたが、
フリーでの点差、あれは浅田真央が2つのミスをしなかったとして果たして逆転可能な点差だったのか?
表現力だって冷静に見れば負けてないでしょう。(色っぽいかどうかは別として)


SPのキム・ヨナの採点前は解説の八木沼さんだって、
「さて、どっちが上か?」って言ってましたよね。


SPを終えて、その辺の事情を真央ちゃんはどれ位感じていたのか?
というか、この流れが始まったのはバンクーバーシーズンに入ってからなので、
すでに真央ちゃんにとってはそれに対する挑戦と言う命題があったのかもしれません。


フリーの演技の表情は悲しみとも怒りとも感じられるような、
そんな迫力があったようにも感じました。


しかし真央ちゃんは決して負け惜しみも言わないし、決して悪態もつかない。
出来るだけ笑顔を作ろうとしてる。

それだけにあの涙はとても切なく感じたのです。


オリンピック会場では、キム・ヨナが「他の選手に邪魔された」と
また文句を言っていたという話もあるようですね(笑


やはり出る杭は打たれるのか。

技術のある選手に不利になるような今期の採点基準の傾向。
これに疑問をとなえる声は、今後大きくなってくるはずです。


安藤だってあの採点は可哀想ですし。


日本のマスコミは声を上げないでしょう。
それが日本の国民性ですから。


プルシェンコ、浅田真央、今回は泣いた結果となりましたが、
真央ちゃんに関しては、確信していますよ…


また浅田真央の戦いが始まります。

前のページ      次のページ
PHOTO ALBUM
友人BLOG更新情報
別館 music annex
-FeedWind-
できることから
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]